ご挨拶 of 歯牙移動セミナー

ご挨拶

従来より矯正治療は、成長期の歯牙移動(咬合誘導を含む)が主に行われてきました。さらに、近年においては限局歯列矯正から、全体歯列矯正・補綴前矯正・咬合崩壊症例の治療など歯科領域における歯牙移動の適応幅の拡大は言うまでもありません。それに伴い、矯正歯科材料も向上し特別な知識や技術がなくても容易に歯牙移動に手を付けやすくなっております。しかし、いくら材料及び器具が良質になっても、診断及び治療計画など明確な治療(予測)ゴールの設定がなければ歯を動かしても良好な結果は得られません。
 以上の事をふまえ、本セミナーでは、診断および歯牙移動のリスク、また矯正技工操作(シュミレーションSET UP模型製作、インダイレクトボンディングシステムなど)による治療目標の明確化はもとより、国内で初めて実習用マネキンとタイポドントオリジナル咬合器(実際に歯牙を動かす実習)を使用し、臨床に沿った環境で,歯牙移動を体験しながら学べるような内容です. 加えて、矯正用ミニ・スクリュウインプラントアンカー等を用い歯牙移動をより効果的に動かせる実践的なセミナーになっております。また、アフターフォローとしてセミナー受講生で構成する矯正勉強会への参加やRemote Operate System(遠隔操作)による個別指導を行っております。
                 セミナー担当矯正医:犬童寛治

   歯牙移動セミナーについてのお問合せ・ご感想等は、 メール にてお願い致します。