印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


矯正治療とは、歯並びの不正や、噛み合わせを治療する事をいいますが、たんに見かけをきれいにする
だけでなく、成長期の子供であれば、適正な顎顔面の成長発育を促し、成人であれば、咬合崩壊の予防、
改善を促す医療です。すなわち、歯を中心とした噛み合わせ、発音、咀嚼器官、機能の回復、顔の形態、
コンプレックス、全身の健康に影響を及ぼす治療分野です。                    


よい噛み合わせは、上下の歯が単に噛み合うだけでなく、顎の関節と調和
して機能する事で、全身のバランスもとれている状態のことです。
噛み合わせに問題が生ずると、歯に悪い影響が現れるだけでなく、顔の
歪み、顎関節炎などによる開口障害、偏頭痛、肩こり、耳鳴りなどの影響がでる場合もあります。

BEFORE.png     AFTER.png

脇田花 00.10.28左 のコピー.jpg00114脇田04.2.11左 のコピー.jpg

立川初診.jpg立川R.jpg

泉初診右.jpg泉R右.jpg





元来矯正治療は、健康目的で美容目的とは違います。
しかし図のように歯並びの変化もしくは顔つきの変化も含めると、美容的要素は関係ないとは言えません。

BEFORE.png     AFTER.png

松山初診右.jpg松山R右.jpg

名称未設定 1.jpg名称未設定 2.jpg


E-Lineとは、鼻と顎を線で結んだEsthetic Lineの事です。
写真のように歯を適正な位置に動かす事で、自然で美しい
口元を得る事ができます。

e-line前.jpge-line後.jpg






歯科領域の二大疾患である虫歯、歯槽のう漏は、原因として、歯の間、
歯肉の間に停滞する汚れにより引き起こされています。歯並びが悪いと、
歯ブラシによる清掃がしにくく、歯の間にプラークが停滞し、歯や歯を
支えている骨が溶けて、歯が崩壊し早く失うことになります。
矯正治療により歯並びを整え、自己管理として、歯の清掃がしやすい環境をつくり、予防をはかる事ができます。

BEFORE.png     AFTER.png

井芹初診下顎.jpg井芹R下顎.jpg




矯正治療は全国どこでも基本として、自費診療となります。
例外として、顎変型症(ope cace)など手術を必要とされる場合は、健康保険
適応となります。症状により費用がことなる事があります。
医療費控除が適応されます。




毎月一回(3~4週に1回)の割合で通っていただき、一般的に約1~2年
(動的治療)は、装置は外せません。
期間は、ひとりひとりの患者さんの状態や、子供、大人でも異なります
ので、精密検査後に十分な説明を受けてください。




最近仕事、語学留学などで海外にて矯正治療を受けたいとの相談も増えて
きました。ここでは、アメリカを例として紹介します。
アメリカで矯正治療を受ける場合は、通常矯正専門歯科にて治療を受ける
事が多く、これは歯科医師の免許をもっていれば誰でも自由に矯正の看板を
だせる日本とは異なり、アメリカでは矯正専門医でないと矯正歯科の看板をだすことができないからです。これに関しては日本では法規制がない為、
各医院の考え方により、治療の質に多くの問題点を抱えております。